淋病 感染

放置すると…

男性は女性に比べて、淋菌への感染にすぐに気がつくようです。これは、初期に発症する尿道炎の段階で、はっきりとした症状がみられるため。

しかし、感染した人すべてに必ず症状が出るともいいきれません。淋菌の量や体調によっては、自覚症状がないことも。 自覚症状がないからといって放置していると、淋菌はどんどん体の奥へと進みます。

尿道の奥にあるのは、前立腺。前立腺が炎症を起こした状態が前立腺炎です。

前立腺から出る前立腺分泌液には殺菌作用があるのだとか。そのため、淋菌によって前立腺炎が起こることは稀だといいます。稀ということは、決して0%ではないということ。

前立腺炎を発症しないためには、やはり感染初期段階での治療が必要だといえるでしょう。

前立腺炎には急性と慢性が、慢性にも細菌性と非細菌性とがあります。大腸菌など一般的な細菌以外の病原菌を原因とする前立腺炎は、慢性非細菌性前立腺炎です。

慢性前立腺炎の場合、睾丸の付け根から肛門の前あたりにかけて不快感を感じたり、疼くような痛みがあったり。排尿困難、残尿感、頻尿などの症状も現れます。

慢性の場合、急性に比べて症状が軽いことが多く、急性の症状としてみられる発熱もありません。

病院へ行く時間がない、対面での検査は抵抗がある方は
まずは自宅でできる性病検査をお勧めします。



スポンサードリンク